Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 弘前大学 理工学部 機械科学科

弘前大学 理工学部 機械科学科

森脇 健司 助教

接着力が視えるセンサフィルム:粘着テープから細胞応答まで

装置・デバイス
小間 M-05
プレ 0829-A-23

Hirosaki University Assistant Proffessor Takeshi Moriwaki

Adhesion force measurement by flexible film sensor: aiming at the application to the cell monitoring system

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-05
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-23
2019年8月29日(木)
会場A
12:40 - 12:45

展示概要

技術概要
フィルムタイプの力覚センサを開発しています.電極対と感圧体のシンプルな三層構造からなり,薄型でフレキシブルなため曲面に貼ることも可能です.電極形状の工夫により多点計測へ簡単に応用でき,三次元的な力が向きも含めて検出できます.引張(接着)力も測定できるため,粘着テープの評価や細胞/基板間に働く力の解明などに応用できると考えていますが,他にも活用例を探しております.安定したセンサ作製や集積化に向けた技術をお持ちの企業様,また,センサを利用してみたい企業様とマッチングできればと思います.

想定される活用例
・粘着テープの評価(基板界面との接着力分布計測)
・お餅などの弾力/粘り強さの評価
・細胞が生み出す力の評価(基板界面との接着力分布計測)

 

展示のみどころ
センサシステム一式は持ち運びできるサイズのため,センサのデモはいつでも可能です.三次元的な力を測るセンサや多点計測用センサなど様々なタイプのセンサを展示します.その場で触って力の向きや大きさが可視化できることを体感できます.

 

圧力センサフィルムと微小引張/圧縮力の検出特性

圧力センサフィルムと微小引張/圧縮力の検出特性 / Pressure sensor film and detection characteristics of tensile and compression pressure

多点圧力センサ上で粘着ゲルをはがしている様子

多点圧力センサ上で粘着ゲルをはがしている様子 / Photograph peeling off adhesive gel on multipoint pressure sensor

特許情報

特許情報1 発明の名称
接着力センサ
特許情報1 出願人
国立大学法人弘前大学
特許情報1 発明者
森脇健司、笹川和彦、藤崎和弘
特許情報1 出願日
2019年6月24日
特許情報1 出願番号
特願2019-116408

お問い合わせ先

弘前大学研究・イノベーション推進機構 東京事務所

メールアドレス:j-tokyo@hirosaki-u.ac.jp

電話:03-3519-5060   FAX:03-3519-5061  

URL:http://www.innovation.hirosaki-u.ac.jp/contact

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop