Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 宮崎大学 工学部 環境応用化学科

宮崎大学 工学部 環境応用化学科

塩盛 弘一郎 教授

使える多孔質マイクロカプセル

マテリアル・リサイクル
小間 Z-39
プレ 0829-B-25

University of Miyazaki Professor Koichiro Shiomori

Usable Porous Microcapsules

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-39
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-25
2019年8月29日(木)
会場B
12:50 - 12:55

展示概要

技術概要
内部に多数の連結した球状孔を有するマイクロカプセルは,壁部分と内部中空を利用して種々の応用が可能です.壁部分に金属と錯体を形成する分子を含浸させることにより,表面積が大きく抽出速度の速い金属抽出マイクロカプセルを調製でき,廃液からの有価金属のリサイクルに応用出来ます.カプセル内部に形成される球状孔に吸水性ポリマーを内包させると,空気中の水分を吸収したり放出できる調湿マイクロカプセルを調製でき,空調システムの構築に利用できます.

想定される活用例
・ 有価金属のリサイクルシステム
・ 屋内の湿度を制御する空調システム
・ 腐敗が進むと抗菌剤を放出する環境応答材料

 

展示のみどころ
多孔質マイクロカプセルの展示および,多孔質マイクロカプセルによる銅の抽出実験を色の変化より確認する.各種マイクロカプセルの電子顕微鏡写真の展示.内部構造および表面構造を調製条件により制御出来ることを示す.

 

亜鉛抽出多孔質マイクロカプセル / Porous microcapsules for Zn(II) extraction

高吸湿性マイクロカプセル / Highly hygroscopic microcapsules

特許情報

特許情報1 発明の名称
マイクロカプセルの製造方法およびマイクロカプセル
特許情報1 出願人
幡手泰雄
特許情報1 発明者
幡手泰雄, 清山史朗, 塩盛弘一郎, 吉田昌弘, 田中眞人
特許情報1 出願日
2013年8月6日
特許情報1 出願番号
特願2013-162380
特許情報2 発明の名称
無電解ニッケルめっき廃液の再生処理方法
特許情報2 出願人
宮崎大学,都城高専
特許情報2 発明者
塩盛弘一郎・清山史朗,福永克明,真隆志
特許情報2 出願日
2010年12月24日
特許情報2 出願番号
特願2010-286875
特許情報3 発明の名称
抗菌剤放出制御組成物及びその製造方法
特許情報3 出願人
宮崎大学
特許情報3 発明者
塩盛弘一郎
特許情報3 出願日
2015年3月27日
特許情報3 出願番号
特願2015-067166

お問い合わせ先

宮崎大学 産学・地域連携センター

メールアドレス:sangaku@of.miyazaki-u.ac.jp

電話:0985-58-7951   FAX:0985-58-7793  

URL:https://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop