Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 宮崎大学 工学部 電子物理工学科

宮崎大学 工学部 電子物理工学科

武田 彩希 助教

X線・ガンマ線イメージングを革新するSOIセンサ

装置・デバイス
小間 M-74
プレ 0829-A-64

University of Miyazaki Assistant Professor Takeda Ayaki

Innovation of X-ray and Gamma-ray Imaging with Silicon-on-Insulator (SOI) Sensor

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-74
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-64
2019年8月29日(木)
会場A
16:40 - 16:45

共同研究者

京都大学 理学部
教授 鶴 剛

高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所
特別教授 新井 康夫

展示概要

技術概要
二層のシリコンウェハを貼り合わせたSilicon-on-Insulator(SOI)基板により,センサと信号処理回路を一体化したX線イメージングセンサを開発しています。検出したタイミング・位置・ヒットパターン情報を用いてリアルタイムに判断しながらX線のみ選択的に読み出す「イベント駆動方式」を実現しました。これにより,高速・高感度・高精度な撮像分光が可能となります。また,ガンマ線イメージング装置であるコンプトンカメラへの応用が期待できます。

想定される活用例
・X線のエネルギー測定(分光)と撮像を同時に行いたいアプリケーション
・放射線の検出タイミング(時刻情報)が重要となるアプリケーション
・数十ミクロンの空間分解能が必要となるアプリケーション

 

展示のみどころ
開発中のSOIイメージセンサを展示します。また,実機によるイベント駆動方式のデモンストレーション(可視光)を行います。X線によるデータ取得はデモムービーでご覧いただけます。

 

SOIイメージセンサ

SOIイメージセンサの概略図 / Cross-sectional view of SOI imaging sensor

宇宙X線観測用 撮像分光器

次世代宇宙X線観測用 撮像分光器の構想図 / Imaging spectroscopic system for future X-ray astronomy

お問い合わせ先

宮崎大学 産学・地域連携センター

メールアドレス:sangaku@of.miyazaki-u.ac.jp

電話:0985-58-7951   FAX:0985-58-7793  

URL:https://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop