Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 山梨大学 医学部 解剖学講座細胞生物学教室

山梨大学 医学部 解剖学講座細胞生物学教室

吉村 健太郎 講師

質量分析を用いた内視鏡検査時における即時診断技術

医療
小間 W-17
プレ 0829-B-34

University of Yamanashi Senior Lecturer Kentaro Yoshimura

Rapid diagnosis system for endoscopy using mass spectrometry

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-17
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-34
2019年8月29日(木)
会場B
13:45 - 13:50

展示概要

技術概要
内視鏡検査時にリアルタイムで悪性腫瘍やその他の疾患の診断結果を提示することが可能なシステムを開発しています。当該システムは内視鏡下において、糸状の素材(ライン)を用いて生体組織を非侵襲的に採取・移送し、質量分析で生体成分の分析を行う機械部分と、得られたデータを機械学習(AI)で判別するアルゴリズム部からなります。これらを統合し、検体の採取から結果の提示までを10秒以内に行うことが可能な、「AI型質量分析内視鏡がん診断支援システム」の構築を目指します。

想定される活用例
・上部および下部消化管の内視鏡検査時における悪性腫瘍の検出や、炎症と腫瘍の判別。
・腫瘍境界領域の同定など、短時間での多点検査。
・へき地、被災地など病理医不在地域での診断。

 

展示のみどころ
システムの試作品を用いて、ラインによる検体採取からその分析までの一連の動作を確認することができる。動物組織からの検体採取などをノートパソコンを用いて動画を再生し、実使用時の様子をよりイメージしやすくする。データ解析、アルゴリズム部に関してはポスターを用いて解説する。

 

Scheme

MS内視鏡システムの概要 / Schematic diagram of MS-endoscope

Test model photo

試作機 / Test model

特許情報

特許情報1 発明の名称
質量分析装置、質量分析方法、質量分析システム、及び質量分析解析プログラム
特許情報1 出願人
国立大学法人山梨大学
特許情報1 発明者
吉村健太郎、石井裕貴、チェン リー チュイン
特許情報1 出願日
2018年1月16日
特許情報1 出願番号
特願2018-004860
特許情報2 発明の名称
質量分析装置及び質量分析方法、並びに解析装置及び解析方法
特許情報2 出願人
国立大学法人山梨大学
特許情報2 発明者
吉村健太郎、石井裕貴、チェン リー チュイン
特許情報2 出願日
2017年4月13日
特許情報2 出願番号
特願2017-79391
特許情報3 発明の名称
マススペクトル解析システム,方法およびプログラム
特許情報3 出願人
国立大学法人山梨大学
特許情報3 発明者
吉村健太郎、城野悠志、舟山慧、川井将敬、森優喜、竹田扇
特許情報3 出願日
2015年4月8日
特許情報3 出願番号
特願2015-78992

お問い合わせ先

国立大学法人山梨大学 研究推進・社会連携機構 社会連携・知財管理センター

メールアドレス:renkei-as@yamanashi.ac.jp

電話:055-220-8758   FAX:055-220-8757  

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop