Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 立命館大学 理工学部 機械工学科

立命館大学 理工学部 機械工学科

上野 明 教授

パルス渦電流を用いた新しい非破壊探傷装置の開発

装置・デバイス
小間 M-41
プレ 0829-A-46

Ritsumeikan Univercity Professor Akira Ueno

Development of the puls eddy current type non-destractive inspection device

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-41
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-46
2019年8月29日(木)
会場A
15:00 - 15:05

共同研究者

立命館大学 理工学部
助手 金山 英幸

サガワ産業株式会社
技術顧問 北川 茂

展示概要

技術概要
非破壊探傷装置には、放射線を使う大規模なものから、渦電流を使う持ち運び可能な装置まで種々のタイプがあります。今回開発したパルス渦電流方式は、交流渦電流法の「持ち運び可能、操作が容易、前処理が不要」という特徴に加え、「内部欠陥、裏面欠陥」の有無だけではなく大きさも検出できるのが大きな特徴です。加えて、パルス渦電流方式では他の探傷装置に比べ短時間で探傷できるため、探傷にかかるコストを低減できるのも大きな特徴です。

想定される活用例
・老朽化した配管やタンクなどの傷の非破壊探傷検査
・腐食等による配管やタンクの減肉量の非破壊計測

 

展示のみどころ
パルス渦電流式非破壊探傷装置を用いて、ステンレス板中の各種・寸法の人工欠陥あるいは実際の亀裂が正確に探傷出来ることを実演する。

お問い合わせ先

立命館大学 研究部 BKCリサーチオフィス

メールアドレス:liaisonb@st.ritsumei.ac.jp

電話:077-561-2802  

URL:http://www.ritsumei.ac.jp/research/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop