Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 立命館大学 理工学部 機械工学科

立命館大学 理工学部 機械工学科

小西 聡 教授

Lab in a droplet:ピペットを用いない微量液滴操作

装置・デバイス
小間 M-42
プレ 0829-A-47

Ritsumeikan Univercity Professor Satoshi Konishi

Lab in a droplet: Contact fusion technology of micro droplets patterned on opposing plates for material manipulations, for example, medium exchange and cellular transportation.

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-42
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-47
2019年8月29日(木)
会場A
15:05 - 15:10

展示概要

技術概要
基板上の微小液滴アレイに対し、対向基板上の微小液滴アレイを空間的に接触融合させ、液滴間で混合、反応、分離、抽出などを行う「Lab in a droplet」技術であり、微量な液滴操作を従来のピペット操作に置き換えることができます。本技術は、基板上に形成した多数の液滴を同時に接触融合することができるだけでなく、個々の液滴形状を電気的・磁気的に制御することで特定の液滴のみを接触融合することも可能です。微量液滴中の培養細胞を用いたドラッグスクリーニングなど創薬応用が期待されます。

想定される活用例
・ハンギングドロップレット手法の液滴中の培養細胞を用いたドラッグスクリーニング
・血液等の微量生体標本分析

 

展示のみどころ
マイクロウェルプレートが多ウェル化され、反応液の微量化および操作の効率化が進められてきた。しかしながら、基本的な操作は従来の技術に大きく依存したものである。本展示は、ピペッティング操作を用いず、ハンギングドロップレット技術を応用したものであり、液滴の接触融合に注目していただきたい。
・液滴アレイが空間で融合する際の現象とその活用可能性
・液滴空間融合技術の基盤技術説明
・同技術の応用可能性の説明

特許情報

特許情報1 発明の名称
液滴処理方法、液滴処理基板、及び液滴接触用治具
特許情報1 出願人
学校法人立命館
特許情報1 発明者
小西 聡
特許情報1 出願日
2017/6/1
特許情報1 出願番号
特願2017-109223

お問い合わせ先

立命館大学 研究部 BKCリサーチオフィス

メールアドレス:liaisonb@st.ritsumei.ac.jp

電話:077-561-2802  

URL:http://www.ritsumei.ac.jp/research/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop