Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 琉球大学 工学部 工学科 機械工学コース

琉球大学 工学部 工学科 機械工学コース

屋我 実 教授

高圧空気とピエゾ素子およびFPGAを活用した大騒音低減

環境保全・浄化
小間 K-15
プレ 0829-B-61

University of the Ryukyus Professor Yaga Minoru

Large noise reduction by utilizing high pressure ari, piezo ceramic actuator and FPGA feedback controller

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-15
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-61
2019年8月29日(木)
会場B
16:25 - 16:30

展示概要

技術概要
ジェットエンジンや高圧プラント等で発生する騒音は,労働環境に対して深刻な悪影響を及ぼすため,その低減が重要な課題であるといえます.そこで高圧空気が流れる流路をいったん絞ることで,流れの臨界状態(いわゆる遷音速状態)をつくり,その位置にピエゾ素子を作用させることで,極めて大きな圧力変動・圧力波を自由に発生させることができます.それを利用して,下流側に存在する騒音からの信号をフィードバックの信号として,これを打ち消すようなリアルタイム能動制御を可能にする騒音低減装置を提案します.

想定される活用例
・ジェットエンジン等の騒音をその騒音源近くで制御することによるエンジン騒音低減
・高圧プラントにおける流れの騒音低減や配管ダクトの振動低減
・超低周波から高周波が存在する現場における騒音低減

 

展示のみどころ
実験に用いた流路を実際に展示し,本発明の基本原理を把握できるようする.さらに必要であればそれを分解して,詳細に説明することで実用化に向けての課題をその場で議論することができる.またFPGAの適用例(実装例)を紹介し,リアルタイムフィードバック制御のための具体的な例を紹介する.

お問い合わせ先

琉球大学工学部工学科機械工学コース

メールアドレス:yaga@tec.u-ryukyu.ac.jp

電話:098-895-8617   FAX:098-895-8636  

URL:https://www.tec.u-ryukyu.ac.jp/course/e-machine/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop