Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 和歌山大学 システム工学部 化学

和歌山大学 システム工学部 化学

門 晋平 助教

光吸収・散乱の波長特性を容易に制御できるナノ材料:中空銀ナノ粒子

ナノテクノロジー
小間 N-32
プレ 0829-A-15

Wakayama University Assistant Professor Kado Shinpei

Nanomaterial with Facile Tunability of Optical Absorption and Scattering Properties: Hollow Ag Nanoparticle

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-32
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-15
2019年8月29日(木)
会場A
11:50 - 11:55

共同研究者

和歌山大学 システム工学部
教授 矢嶋 摂子

展示概要

技術概要
きわめて簡単な方法で中空銀ナノ粒子を合成することができ、ナノ粒子のサイズやシェル厚、形状を容易に制御することもできます。中空銀ナノ粒子は、中空ナノ構造特有の局在表面プラズモン共鳴(LSPR)を示すため、独特の光学特性(光吸収・散乱)を示します。本技術に基づく中空ナノ構造の制御によって、可視から近赤外領域にわたる範囲でLSPRピーク波長を変えることができます。これにより、望みの波長で光吸収・散乱を効果的に起こすナノ材料が得られます。光学フィルタや分光画像計測、センシングなどへの応用が見込まれます。

想定される活用例
・LSPRに基づく高感度分析技術やセンサー
・LSPRに由来する増強光電場による高感度分光分析法
・可視から近赤外領域において制御された光吸収・散乱特性を駆使した光学デバイスや光反射・吸収材

 

展示のみどころ
中空銀ナノ粒子の合成法およびナノ構造、光学特性、応用の可能性を解説します。
中空ナノ構造や光学特性の制御について詳しく説明します。
実際の試料(中空銀ナノ粒子の分散液)を見ていただくことができます。

 

中空銀ナノシェルのイメージ図

中空銀ナノシェルのイメージ図 / Schematic drawing of hollow Ag nanoshell

中空銀ナノ粒子と局在表面プラズモン共鳴の説明

中空銀ナノ粒子 / Hollow Ag nanoparticle

特許情報

特許情報1 発明の名称
中空銀粒子の製造方法
特許情報1 出願人
国立大学法人和歌山大学
特許情報1 発明者
木村 恵一、門 晋平、横峯 翔一
特許情報1 出願日
2014年2月26日
特許情報1 出願番号
特願2014-035742

お問い合わせ先

産学連携イノベーションセンターURA室

メールアドレス:liaison@ml.wakayama-u.ac.jp

電話:073-457-7564   FAX:073-457-7550  

URL:http://www.wakayama-u.ac.jp/cijr/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop