Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 株式会社ティービーエム

埼玉県

株式会社ティービーエム

都市型バイオマス発電“フード・グリーン発電システム”

エネルギー・環境

水の3Rを進めながら、分離回収した排水油脂で発電する、脱炭素サーキュラーエコノミーの社会実装

小間 J20-NE
プレ n0829_1_1430
実用化支援

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
エネルギー・環境
小間番号
J20-NE
プレゼンテーション
n0829_1_1430
2019年8月29日(木)
NEDOプレゼンテーションエリア
14:30 - 14:35

出展概要

製品・技術の名称
フード・グリーン発電システム

 

展示の概要
脱炭素を実現する都市型バイオマス発電システム、当社の自治体連携による社会実装への取組みを紹介します。
◇横浜市との連携事例「脱炭素サーキュラーエコノミー・モデルとしての実装」
◇豊島区との連携事例「地産地消型エコモビリティ・モデルとしての実装」
◇埼玉県との連携事例「「ラグビーワールドカップ2019 熊谷ラグビー場での
グリーン電力でイベント開催」

 

コアの技術・特許情報
排水浄化の過程で分離回収する排水油脂から生み出す新エネルギーシステム
1 飲食施設や食品工場などの排水浄化の過程で、排水油脂を分離回収する技術
2 水分含有率や酸価が高く、不純物も多い、排水油脂を発電燃料化する技術
3 コージェネレーションを活用する燃料製造工場を兼ねたバイオマス発電所技術
4 グリーン電力を市街地やイベントに直接供給する発電車の技術

 

特徴・ポイント
脱炭素化、SDGs、地域循環経済に貢献!
都市型バイオマスである排水油脂を発電利用することで、下水処理負荷が減り、廃棄物が減り、そして再生可能エネルギーが創出されます。
仮に東京都、神奈川県、埼玉県の1都2県に社会実装されることで、238GWHのバイオマス発電量と、32万トンものCO2削減効果が見込まれます。このCO2削減効果は、現在稼働している太陽光発電の約6倍のポテンシャル!

 

ビジネスマッチング希望内容
1都2県の飲食関連店舗のうち、20%にあたる4万件の飲食店と連携して排水油脂を回収・発電利用することで、東京2020で必要とされる50GWHの電力量を生み出すことができます。
自治体や省庁、東京2020の関係者とのマッチングを希望します。

 

主な実績
日本マクドナルド(東京都内 直営店舗全店)、松屋フーズ、等
ラグビーWC熊谷スタジアムこけら落としイベントへの、フード・グリーン発電車によるグリーン電力供給

 

 

フード・グリーン発電システムの全体概要

東京都・神奈川県・埼玉県 実装効果シミュレーション

お問い合わせ先

事業企画部

メールアドレス:info@kankichikun.com

電話:042-347-9671  

URL:http://kankichikun.com/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop