Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 株式会社Lily MedTech

東京都

株式会社Lily MedTech

乳房用超音波画像診断装置の開発

医療・ヘルスケア・バイオ

痛みや被ばくの無い女性に優しい乳がん検査を目指して

小間 V07-NW
プレ n0829_2_1055
ベンチャー支援

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
医療・ヘルスケア・バイオ
小間番号
V07-NW
プレゼンテーション
n0829_2_1055
2019年8月29日(木)
NEDOピッチエリア
10:55 - 11:00

出展概要

製品・技術の名称
乳房用超音波画像診断装置

 

展示の概要
乳がんは女性が最もかかりやすいがんで、日本人女性の11人に1人が罹患します。
年齢別では40代から60代の罹患率が高く、仕事や子育てでたいへん忙しい、働き盛りの年代の女性がかかりやすいのが特徴です。
一方、乳がんは早期に発見し、治療を開始できれば助かるがんであるにもかかわらず、乳がん検診受診率は低迷しています。痛みや被ばくがなく、女性に優しい乳房用画像診断装置を開発することで、検診率の向上と早期発見に寄与してまいります!

 

コアの技術・特許情報
超音波を発するプローブをリング状に並べることで、360度の全方位から超音波を発射することができます。
また、全方位で波を受信することができるので、解像度の高い3D画像を取得することが可能です。
装置にうつぶせになり、乳房を片方ずつベッドの穴に入れると、リング状の超音波振動子が上下に移動し、乳房を撮像します。

 

特徴・ポイント
通常、乳がん検査はマンモグラフィかハンドヘルドエコーを使用しますが、マンモグラフィは圧迫による痛みや被ばく、日本人女性に多い高濃度乳房では精度が下がるという課題があります。また、ハンドヘルドエコーは技師の技術に依存する、という課題があります。
当社の開発技術は、超音波を使用するので被ばくの心配がなく高濃度乳房の方の検査にも適しています。また、圧迫による痛みや、操作者の技術に依存しません。

 

ビジネスマッチング希望内容
臨床現場での利用に向けて、更なる開発と臨床研究が必要です。
開発や臨床研究にご協力いただける技術者や研究者の皆様、また、女性とそのご家族を支援したいと考える投資家の皆様、ぜひお声がけください。

 

主な実績
・ニッセイ・キャピタル主催 NCCベンチャーグランプリ2015 優秀賞受賞
・イノベーション・ジャパン2017年 大学発ベンチャー表彰2017 アーリーエッジ賞 受賞
・経済産業省により「J-Startup」企業 選定

 

 

開発装置イメージ

円環状に並んだ超音波振動子

関連URL

HP

お問い合わせ先

事業部 マーケティング

電話:03-6240-0940  

URL:http://www.lilymedtech.com/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop